本文へジャンプ

国・都市情報

トップページの中の国・都市情報

ウェンディーツアーで取り扱っている東南アジアの国々や主要な都市についてご紹介します。

タイ

ほほえみの国として知られる「タイ」は、20世紀前半まで「シャム」と呼ばれ、過去800年の間、東南アジアで唯一植民地支配を受けなかった国です。そのため、他国の影響を受けない独特の文化を育みました。国民のほとんどが仏教徒で信仰心が高いことでも有名です。一方、音楽、芸術やファッションなどでクリエイティブな才能を発揮する人たちを数多く排出しています。

マレーシア

マレー半島とボルネオ島の一部からなるマレーシアは、マレー系、中華系、インド系と先住民族で構成される多民族国家で、宗教はもちろん、料理、生活様式などが融合して独特な文化を育んでいます。
ビーチリゾートはもちろん、熱帯雨林など自然を身近に感じることができます。

インドネシア

大小合わせて17,000以上もの島から成り立つ、世界最大のイスラム教国家のインドネシア。
世界遺産のボロブドゥール遺跡、プランバナン遺跡のあるジャワ島、世界的リゾート地のバリ島など見所が多く、中でもバリ島はクタなどのビーチリゾートから芸術の村ウブド、伝統舞踊、アクティビティーなどあらゆるニーズに応えることができます。

ベトナム

ドイモイ政策により近年発展のめざましいベトナムは、南北に長く、年間を通して温暖な商都ホーチミン、政治の中心ハノイ、街全体が世界遺産のフエのある中部エリア、ビーチリゾートのニャチャンなど大変見所の多い国です。
フランスに統治されていた時代があったため、建物などに名残があり、食事もフォー、春巻き、バインセオ(ベトナム風お好み焼き)など有名なベトナム料理はもちろん中華料理やフランス料理までいろいろ楽しむことができます。

カンボジア

インドシナ半島の中央に位置するカンボジアはタイ、ラオス、ベトナムと国境を接しています。
世界遺産アンコールワットの街「シェムリアップ」は観光客の増加が激しく、近年多くのホテルが建設され、リゾート地としても脚光を浴びています。

シンガポール

マレー半島南端に隣接するサンスクリット語で「ライオンの町」という意味のシンガポール。
マーライオンや世界最大観覧車「シンガポール・フライヤー」などがあり、また世界初の夜間市街地に於けるF1グランプリが開催されました。
2010年にはセントーサ島にはニバーサル・スタジオや水族館を取り入れた巨大カジノリゾートがオープンしました。
また、インドネシア領ビンタン島のゲートウェイでもあります。

台湾

第2次世界大戦後、中華民国の統治下におかれましたが、大陸の中華民国内では国民党と共産党(中華人民共和国)が対立しました。
国民党(中華民国)は内戦に敗れ台湾に逃げここを本拠地とし今日に至ります。
国土面積は九州ほどながらも豊かな自然と文化に恵まれており、北部には大都会台北の他に温泉郷、中西部には阿里山森林遊楽区と富士山よりも高い玉山、南西部には商業都市高雄と美しい砂浜とマリンスポーツが盛んな墾丁国家公園があります。
美食の宝庫としてグルメをうならせ、風光明媚な景色など日本人にとって近くて親しみやすい旅行先の一つです。

ブルネイ王国

正式国名であるブルナイ・ダルッサラーム国のダルッサラームはアラビア語で平和な地を意味しこの国は「平和な国、ブルネイ」という意味を持っています。その名の通り治安も良く、国民も旅行者を温かく迎え入れてくれます。「リッチな国」としても知られるブルネイは石油、天然ガスの資源の宝庫です。またこの国では国民の所得税がなく、医療費や教育費は無料、公共料金も安いので国民の暮らしもゆとりがあり豊かな国です。

ミャンマー

ミャンマー、正式名ミャンマー連邦共和国は、東南アジアに位置する共和制国家です。インドシナ半島西部に位置し、北東に中華人民共和国、東にラオス、南東にタイ、西にバングラデシュ、北西にインドと国境を接します。現在の首都はネピドーですが、中心地と言えるのは旧首都であるヤンゴンです。年間を通じて高温多湿の熱帯地方の気候のため軽装で十分ですが、山岳地帯や乾季の朝晩など冷え込む場合もあるので薄手ジャケットを持って行くと便利です。

ラオス

ラオスはインドシナ半島の中央部にある内陸の国ですが、何カ国にも渡って流れる国際河川、メコン河が国を縦断しているため、水と緑が豊かな国です。東はベトナム、西はタイ、南はカンボジア、北は中国、ミャンマーとそれぞれ接していますが、文化的にはタイと一番近い関係にあり、言葉や食事などもタイに似ていると言われています。同じ東南アジアの中でもラオスは他の国に比べあまり観光地化されていないため、素朴さが残っており魅力的な国です。国を誇る観光名所などもありませんが、比較的物価も安く治安も良いので、ほっとするような癒しの時間を過ごすことができます。

このページの上部へ